/
顔を忘れるために鬼太郎ロードを振り返る(2)
2008.05.25 Sunday
<<顔を忘れるために鬼太郎ロードを振り返る(1)


鳥取県境港市。鬼太郎ロードの水木しげる記念館前。

顔に見える後遺症


・・・まで来たけど入らず。入った事あるし今回はまぁいいや。



それはそうと、記念館傍のわき道に入った所にあった気になる看板。

顔に見える後遺症


顔に見える後遺症
『妖怪楽園』ってなんだ。


顔に見える後遺症



導かれるかのように普通の住宅地の小道を歩いて行く。


顔に見える後遺症
ごく普通のアパートの隣が妖怪楽園。



あっさり到着。



顔に見える後遺症
妖怪の顔達が出迎えてくれる。




顔に見える後遺症
小さい公園のような。




顔に見える後遺症
軽く休憩できる。




顔に見える後遺症 顔に見える後遺症
そしてここが妖怪楽園。


中は主に土産物屋と妖怪と記念撮影が出来るセット。
それに『3Dびっくりサウンドシアター 妖怪島』なるものが一日に何回か上映されてるらしい。


公式サイトによると、
鬼太郎やその仲間達が悪い妖怪をやっつけたりするらしい。ふーん。


顔に見える後遺症 顔に見える後遺症
とにかくすごいらしい。




それにしてもこの施設の住宅地との密接っぷりがなかなか凄い。


顔に見える後遺症 顔に見える後遺症
家の隣が妖怪楽園ってどうなんだろう。まぁいいけど。




そして帰りに再び鬼太郎ロードを歩いて通過。
鬼太郎ロードは地元商店街の人たちが思い思いに鬼太郎を使って商売をしている。
元々古い商店街だからか、昔ながらの古い店もあり、
鬼太郎ロードになった後に出来たと思われる新しい店もあり、
それぞれが鬼太郎に便乗して盛り上げようとしている。


顔に見える後遺症
もはやなんでもありなんだというのが伺える床屋。




そして一番気になった店。(いや、店なのかも分からん。多分店ではない。)


顔に見える後遺症
薄暗いが一応電気は付いてる。



顔に見える後遺症
鳥かごのようなものに入れられて店頭に置かれている猫。





顔に見える後遺症 顔に見える後遺症
鬼や鬼太郎・・・不二家の景品・・・??



顔に見える後遺症 顔に見える後遺症
統一感が全くないぬいぐるみや雑貨


顔に見える後遺症
見せびらかされてるだけの猫とか猫とか。



顔に見える後遺症
奥の方には正月飾りとかピエロとか。



意図も分からない。持ち主にしてみたらお宝なのかも分からないラインナップだったが、何故か惹きつけられいっぱい写真を撮ってしまった・・・。





靴やぞうりの店の店頭にあった大きい下駄。


顔に見える後遺症
大き過ぎる。



顔に見える後遺症
げたんぷってなんだ。




そして、鬼太郎ロードで人気らしいスイーツの店。
店主の話によると、ゴールデンウィーク時には大行列が出来ていたらしい。
1日に大体1000食程度売れるとの事。
牛乳をマイナス30度に冷やし、削ったというカキ氷とも違った冷たい食べ物だ。


顔に見える後遺症
『雪花の郷』。 「しぇーほぁのさと」と読むらしい。



顔に見える後遺症
水木しげるとは関係のないキャラ達が並ぶ店内



顔に見える後遺症
[境港限定]キャラメルソースとアーモンドパウダーの『伽羅の風』という味


感想としては牛乳味。とても歯に染みた。



ちなみに、この店は日本海側ではここと新潟、金沢だけで全国で20店舗のみ。

あー貴重だな〜・・・と思いつつ食べてた・・・が、昨日普通に都内で見かけた。。


その他気になったもの。
駅前の妖怪人力車のりば。一度も見なかったけど。人力車。

顔に見える後遺症
手作り感満載。


顔に見える後遺症
やる気なさげな人魂。




そんな感じで1人で鬼太郎ロードをただ歩くだけで満喫して帰った。



それにしてもこの街はなんでもかんでも鬼太郎が描いてある。




顔に見える後遺症
歩行喫煙は危険です



顔に見える後遺症
ポイ捨て許しま宣言




顔に見える後遺症
鬼太郎ロードを後にし帰宅途中、車で通り掛かって撮影。こんなところにまで・・・。



2時間弱居ただけでも意外に満喫出来たと思う。気が向いたらまた行こう。