/
ある夏の日の思い出
2008.08.21 Thursday
ある夏の日の事。


夏の思い出
何気なく電車に乗り込む。



夏の思い出
電車でウトウトとする。




なにかが・・・・




なにかがおかしい気がする・・・・・






みんな・・・・・



なんで・・・・・・




こんなに・・・・・・・・





薄    着    な     ん だ・・・!!!






夏の思い出 夏の思い出
公園でなぜか水浴びする子供達を遠くから眺める・・・



やっべーーーー!!服間違えた!!!



暑い。よく考えたら暑過ぎる。

水浴びをしてる子供達が本気で羨ましい。水を分けろ。浴びさせろ。












炎天下で涼しそうな人達を眺める。(※音が出ます)




それにしても今日は暑い。
こんなに暑い日にアイスを食べたい。


夏の思い出
店に入る訳でもなくウロウロ。



夏の思い出
浴衣の売り子が居る・・・




通り過ぎる人々が・・・薄着で羨ましい。


なんでこんな格好で来たんだろう。




夏の思い出
肩や腕まで露出する若い娘の後方を普通に歩く



周りの通行人が普通に振舞っているのでそれに馴染んでやれ。
けど暑くないと思えば暑くないような気がしてきた。いや、本当に。



夏の思い出
足を露出する若い娘の横に立つ。




あー暑い暑い。

暑いよ暑いよ。



暑い時はあたたかいミルク・・・じゃなくてスポーツドリンクを飲みたい。



夏の思い出
ミルク・・・じゃなくてほんとはアクエリアスを飲む。










炎天下の中、アクエリアスを飲む。(※音が出ます)




あー暑い夏には冷たいアクエリアスが良い。
こんなに水分を補給出来るだなんて、アクエリアスの実力は認めざるを得ない。




夏の思い出 夏の思い出
何故かミルクと書いてあるがほんとはアクエリアス。



戻る