/
突撃!隣の台湾旅行紀2
2008.09.10 Wednesday
まぁ破裂したピータン粥とかは置いといて、旅日記の続き続き・・・



帰国直後は日本で買い物をしてても

「ウーンこれは○○円・・・という事は台湾で言うと△△元か!うっわーたっけーーー!」


と、心の中で無駄に叫ぶ台湾かぶれな遊びをしたりしてた。
たった40数時間台湾に居ただけなのに。



で、まぁ今回の台湾はと言うと、変身写真を撮ってきました。

----
変身写真とは・・・台湾には主に日本人観光客向けに写真集を作ってくれる、というところがいくつかある。 (参考:台湾変身写真ポータルサイト
物価が違うので、勿論日本でこういうのを作るより安く作れ、
観光客の中にはリピーターも結構居るようだ。

色んな衣装やセットが揃ってる写真館で撮影し、約1ヶ月で本格的に製本された雑誌風のデザインの写真集が届く。
----


で、写真館で撮影の合間にデジカメで撮った写真がこれ。


台湾旅行
もはや何のバンドなのやら。


個々に衣装を選んで(今回は4着着た)
最後に集合写真を撮ったのが上の写真。


コンセプトがバラバラ過ぎて、これがバンドなら方向性の違いから解散寸前に違いない。


あともう1着載せてみる。



台湾旅行
緑のヅラの女


ていうか、ホットパンツにヒョウ柄のタイツなんかはいたのなんか初めてだ(笑)!!
ホットパンツについては抵抗がある・・・と言ったら
「太ももなんか合成でなんとでもしますよ」と言われた。
見苦しいところはフォトショップでチャチャッと修正。すっげーフォトショップ!


とにかくフォトショの力でいい感じの写真集に仕上げてくれるらしい。
頼んだよフォトショ!






台湾は思わぬところに日本のキャラクター達が溢れていた。



台湾旅行
タクシーの上に・・・・



台湾旅行
たぁ坊!!なんでたぁ坊・・・




台湾旅行
サンリオのペックルのパンツ


パンツが日本円に換算すると、1枚100円ぐらいの破格だったので
ついカッとなって買った。




台湾旅行
あっ、まるこ!!


日本でも1990年頃、ちびまる子ちゃんのどこからどう見てもニセ物なニセグッズが大量に出回ってた事があったのを思い出した・・・。





台湾旅行
多分子供に人気のあのモンスター。





台湾旅行
夢のコラボ。ある意味期待通りの遊具。


乗ろうとしたら拒否られた。どうやら大人に見えたらしい・・・。





そして多分著作権侵害ではない(と思う)日本でもある店やブランドも新鮮に見えた。



台湾旅行
書体や色合いが合ってない気がとてもしたトラック。





台湾旅行
空港にあったロレックスの時計。ローーー力士・・・。




そして夕飯はハーゲンダッツの鍋の店に行きました。
人気店らしく、1時間半待ちと言われたので
予約だけしてマッサージに行き、その後入店。


台湾旅行
鍋のメニュー。



ハーゲンダッツなのに鍋!?
ちなみにアイスは食べ放題で、具も撮り放題。
スパイシー鍋とトマト鍋とレモングラス鍋を注文した。



台湾旅行
鍋なんかよりも・・・


台湾旅行
紙コップに「うまい」と書いてあるのが気になる。


ここで台湾人の子供が日本人が珍しかったのか、記念撮影を頼まれたりした。
その写真は一体何に使われてる事やら。




電車が閉まる時の音が物凄く不自然で気持ち悪かった。
コンビニのドア開閉音がこんな音の店もあったので、台湾では標準なんだろうか・・・?










何かを間違えたような音にしか聞こえない・・・。(※音が出ます)



珍しくて撮ってみた台湾の歩行者用信号。









時間が迫るとダッシュダーッシュダッシュ!(※音は出ません)





台湾旅行
「なっちゃん」は台湾では「奈奈子」。けど日本語もちゃんと書いてある。





あとは台北市内の路地を歩いてて気になったものとか。



台湾旅行
何の屋台だか分からないが・・・


台湾旅行
日本ではなかなか見られないタッチの絵が気になった。






台湾旅行
店頭に置かれていたダンボールだクマ。




台湾旅行
そして何の店だ・・・KUMAJAPAN・・・。


台湾旅行
クマ・・・。




台湾旅行
漫画の貸本屋?古本屋?っぽい店。クリスマスリースが季節はずれ過ぎる。





台湾旅行
台湾の空港にあった看板。「危」の文字が全力で危険を伝えようとしてた。



台湾旅行
危険物で表現された「危」の文字。




・・・という感じで初めての海外旅行は
「世界って広いんだなー」と思ったり
「外国ってほんとにあったんだ!」と思ったり
「これってほんとは台湾村とかそういうところなんじゃないか」と思ったり

とにかく新しい発見がいっぱいあった楽しい旅だった、という妥当な感想で締めとこう。


海外旅行は最初行くまでは抵抗があっても、一度行ってしまうと病みつきになって次々と行きたくなる、っていうのはよーく分かった。けど新幹線で行ければいいのに。